ステップ1
ステップ2
ステップ3
ステップ4
ステップ5


はじめに

ここではNEXLINK BASICをご利用いただく際の簡単な流れをご案内します。
より詳しい操作のご案内は、下記ページから「導入マニュアル」または「統合マニュアル」をダウンロードしてご確認ください。

マニュアル一覧ページ
http://nexlink-cs.nlk.jp/open/manual/index.html




ステップ1 事前準備

[必要なファイルを用意する]

・宛先リスト
 送信する宛先の情報を記載したファイルです。
 FAX番号を必ずご用意ください。

・原稿ファイル
 宛先へ送付する原稿ファイルです。
 あらかじめ規定のファイル形式、サイズでご用意いただく必要があります。

[NEXLINK BASICへログインする]

・メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

 ログイン画面URL:https://nexlink.biz/

 パスワードが分からない、パスワードを忘れてしまった、という場合は、
 「初回ログイン及び、パスワードを忘れた場合はこちら」からパスワードを
 再発行してください。





ステップ2 宛先を登録する

[宛先リストを登録する]

FAXを送りたい宛先のリストをNEXLINK BASICに登録します。



[送信停止リストを登録する]

※送信停止リストを使用しない場合は必須ではありません

FAX配信で過去に送信不要の連絡があった宛先など、
送信対象から除外したい宛先の一覧を登録します。

ここで登録した送信停止リストをFAX配信時に「送信オプション」
で設定すると送信対象から除外されます。





ステップ3 送信する

[FAXを送信する]

ステップ2で登録した宛先へFAXを一斉送信します。
一行印字、四行印字でFAX原稿上部に宛先のFAX番号等を印字したり、
自由差込でFAX原稿の自由な位置に文字を印字したりすることができます。







ステップ4 結果を確認する

[送信結果を確認する]

ステップ3で送信した結果を確認します。
不達になった宛先がある場合は、どの宛先がどのような理由で
不達になったのかを確認することもできます。





ステップ5 送信後は・・・

[宛先リストのメンテナンスをする]

ステップ4の結果から届かなかった宛先を確認し、
不達理由に応じて宛先リストのメンテナンスを実施いただくことをお勧めします。

例:不達理由が「欠番ガイダンス」の場合
 FAX番号が誤っている可能性があるため、
 FAX番号に誤りがないか確認して、宛先リストを更新する。

[届かなかった宛先へ再送する]

FAXの場合、不達になった宛先にのみ再送信を行うこともできます。
詳しくはこちらのページをご確認ください。